日常生活のお役立ち情報を日々更新中です。

あれこれナビ

家事

チョコバナナにチョコがつかないのはなぜ?固め方や簡単に作るコツ?

投稿日:

お祭りでよく見かけるチョコバナナ。

家で作ってみようと思って作ったところうまくいかないことって多くありませんか?

なぜかチョコがバナナにつかなかったり、きれいなチョコバナナが作れず悪戦苦闘していませんか?

実はですね、あるコツをきちんと押さえてさえすればチョコバナナは、家庭でも簡単に作ることが出来ちゃうんです。

家のおやつでチョコバナナが出てきたら・・、一躍あなたはみんなの尊敬のまなざしの的ですよ。

今日は、きれいで美味しいチョコバナナ作りについてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク
  

チョコバナナにチョコがつかないのはどうして?

まずはなぜチョコバナナにチョコがつかないのか?についてですが、その理由はこの3点があげられます。

チョコの温度が高温すぎる、チョコに水が混ざってしまった、バナナを冷やし過ぎてしまった、という理由です。

それではここから詳しくチョコバナナにチョコがつかない理由を説明いたしましょう。

チョコバナナを知らない人は、おそらくいないでしょう。

お祭りや、屋台でよく目にするもの。

美味しそうなつやつやチョコが付いたバナナ。

お店の前に、色鮮やかに並んで売られていますよね。

簡単に作れそうなのですが、実はいろいろとコツが必要なのです。

まずは、一番多い失敗例としてチョコがうまくバナナにつかなかった原因について説明していきましょう。

・チョコを溶かす温度が高すぎた時

チョコを高温で溶かしてしまいますと、チョコの性質が変わってしまいどろどろになってしまいます。

このため、バナナにチョコがつきにくくなってしまいます。

対策としては、50度の湯煎で溶かすようにしましょう。

また、下記で説明するテンパリングという作業をしっかり行いましょう。

・チョコに水が入ってしまった時

水が入ってしまったチョコは、同じようにどろどろになってしまいバナナにチョコがつきにくくなります。

・バナナを冷やしすぎた時

冷えすぎたバナナに溶かしたチョコをかけると、バナナが汗をかきチョコが固まりにくくなりつかなくなります。

これは、チョコバナナに水滴のつく原因にもなります。

・チョコのテンパリングを失敗した時

チョコは、テンパリングという作業を行い美味しく美しいチョコに仕上げます。

これを失敗すると、チョコがいつまでも固まらなかったり、まだらなチョコになってしまいます。

ここでは、一般的なテンパリングの方法を説明しておきましょう。

1.刻んだチョコをボウルに入れて、湯煎し50度で溶かします。

2.氷水を入れたボウルに、チョコの入ったボウルをつけ、28度まで下げます。

3.もう一度湯煎にかけ、チョコを32度まで下げます。

(これは使うチョコの種類によって、温度管理が少し変わります。)

成功していた時は、このチョコをバターナイフのようなものに取り、そのまま置いておくだけでつややかに綺麗に固まります。

失敗していると、いつまでも固まらなかったり、つやのないまだらな状態で固まります。

チョコバナナの固め方のコツは?

さあ、バナナにチョコをつける方法はわかりました。

次に、チョコバナナの固め方をお話ししましょう。

テンパリングがしっかりできていれば、チョコは自然と固まります。

しかし、その待つ間にチョコが流れ落ちてきてしまっては、見た目が残念なことになってしまいますものね。

チョコバナナの固め方と注意

・バナナにチョコをつけ終えたら、うちわであおいで乾燥させ固めましょう。

・100均などでも売られている、ミニ扇風機を使って固めてもいいでしょう。

・物を使って乾かす時間は、チョコバナナの大きさにもよりますが1~2分を目安に使い、その後は自然に固めます。

・物を使って乾燥させすぎるとチョコにひびが入ってしまうので、時間を忘れてしまった時は、表面が乾いてきたところでストップする、と覚えておいてもよいでしょう。

・最後の仕上げは、チョコバナナを寝かせず、立てた状態で自然乾燥させ固めます。


スポンサーリンク

チョコバナナを簡単に作るコツは?

チョコバナナを作るのは、思っていた以上に難しいと感じてきているところでしょう。

そんなあなたのために、ここでは簡単に作るコツをお伝えしますね。

チョコバナナを簡単に作るには、溶かすだけで、つやのあるチョコになるものを使用することが一番最大のコツです。

一番大変な作業は、チョコを溶かすことです。

でも、これを簡単に行う方法があるのです。

そこで、溶かすだけで、つやのあるチョコになるものを使用するのです。

これはテンパリング不要のチョコ、コーティング用チョコといった商品名で販売されています。

最近は、チョコバナナ用チョコといった名前でも販売されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコバナナ用チョコレート スイート(1kg)
価格:1755円(税込、送料別) (2019/2/6時点)

味も、通常のチョコと同じように、ビター、ミルク、ホワイト、ストロベリー、抹茶味など選べますからお勧めです。

これなら安心して簡単に作れますね。

また、テンパリングに挑戦してみたいというあなた。

けれどやっぱり不安が残るのであれば、こちら。

テンパリングの素、といった商品が製菓材料店で販売されています。

これを、溶かしたチョコに加えて作ります。

通常のテンパリング作業より簡単にできますので、お勧めですよ。

後はちょっとしたコツをお伝えしましょう。

・バナナは熟したものではなく若いバナナを選ぶと、くしに刺しやすく簡単に作れます。

・バナナとくしが外れやすいなら、まずバナナにくしを刺して、くしを抜き取ります。

そのくしをチョコに浸し、それをもう一度刺した場所に戻すとチョコが固まるとそれが接着剤代わりになりチョコとバナナがくっつきます。

・チョコバナナに何かトッピングしたい時は、チョコが乾燥してしまう前に作業すると簡単に綺麗に仕上がります。


スポンサーリンク
   

まとめ

いかがでしたか?

途中、チョコバナナ作りをあきらめようとしたあなたも、これで簡単に作れるのではないでしょうか?

おうちのおやつの時間に、まるで屋台で食べるようなチョコバナナが出てきたら、こどもたちは最高に嬉しいですよね。

ぜひ、子供たちの笑顔のために、愛情いっぱいの美味しいチョコバナナを作ってあげてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

クッキー作りで卵なしとありの違いは?味はどうなる?簡単レシピは?


スポンサーリンク

-家事
-,

Copyright© あれこれナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.