日常生活のお役立ち情報を日々更新中です。

あれこれナビ

家事

エアコンのクリーニングは何年に一回?年数が経ってもしないとどうなる?

更新日:

夏の昼のうだる様な暑さや夜の寝苦しさ、そして冬の凍える寒さにエアコンは無くてならない存在ですよね。

ボタン押すだけで、涼しくも暖かくもしてくれる、とても便利な電化製品です。

でも、便利に使用しているエアコンのクリーニングって考えたことありますか?

エアコンのクリーニングって業者に頼むと高そうだから、しっかりクリーニングのタイミングが分かるなら知りたいですよね。

実は、エアコンクリーニングしないでほっておくと、体調を悪くなる、電気代に影響するなどのデメリットが多々あるので、是非した方がいいです。

それを聞いて、真剣にエアコンクリーニングを考える方にエアコンのクリーニングのタイミングをお教えします。

スポンサーリンク

エアコンのクリーニングは何年に一回やるの?

エアコンのクリーニングは基本的に1~2年に一度と言われています

ですが、エアコンを掃除する部分は二箇所あり、前面のフィルター部分とエアコン内部に分かれています。

エアコンのフィルターは実は1ヶ月に2度掃除した方がいいです。

エアコンのフィルターはホコリがつくことで稼働率が下がり電気代などに関わってきます。

一応、メーカーでオススメするのは1日8時間の使用で2週間に1回の掃除が望ましいです。

1ヶ月に2回は中々多いと思いますが、フィルターは自分で取り外しできて掃除ができますので、慣れれば30分くらいで終わるようになります。

ちなみに、お掃除機能付きのエアコンは自動でクリーニングされるのはフィルター部分だけなので、その機能が付いている方もエアコン内部のクリーニングは別に必要になります。

そして、エアコン内部の掃除は1~2年に1回が目安と言われています。

しかし、エアコンの内部クリーニングの適正なタイミングとしては、どれくらいの頻度エアコンを使っているか、部屋の大きさ、空気の汚れ、部屋の中での喫煙やキッチン付近にエアコンがあるなど様々な条件で変化します。

エアコンの汚れの付き具合は、家ごと、部屋ごと違うので目安通りとは言えません。

一番良いのは、エアコン内部の汚れ状態を目で確認し、しっかりとした掃除の必要性を感じたらエアコンクリーニング業者に頼むと良いでしょう。

ちなみに私の家は、フィルターはお掃除機能付きを利用し、内部は旦那さんがエアコンの業者の仕事をしていたので、エアコンのチャックやお掃除は旦那さんに任せっきりです。

エアコンのクリーニングは年数がどれくらい経ったらするのがおすすめ?

フィルターの掃除をしていた場合、内部の掃除は1年~2年に1回が理想です。

ですが、エアコンの使用頻度や部屋の状況で時期は変わってきます。

実は、エアコンには、クリーニングをした方がいいタイミングがあります。

エアコンをクリーニングするタイミングは以下の条件です。

●アレルギーなどの症状が出たとき(くしゃみや咳、目にかゆみ、肌にかゆみが出たとき)
●エアコンから臭いニオイや変なニオイがしたとき
●エアコンの内部にカビが増えたり、汚れが溜まっているとき

上記の項目に当てはまる場合は、エアコンがクリーニングを必要としているサインです。

気になったときはライトで内部に照らして覗いてみて、カビなどの汚れの花帰任をしてみて下さい。

しかし、その症状が出る前にクリーニングした方がいいご家庭があります。

ぜんそくやアレルギー体質の方、小さなお子さん、ご年配者、ペットがいられるご家庭はエアコンにその症状がでる前にクリーニングした方がよいでしょう。

気になる方は、1年~2年に1度クリーニングするのをオススメします。

スポンサーリンク

エアコンのクリーニングをしないとどうなるの?

自分でするには、エアコンの部品を取り外して洗い、その後部品を付けなくてはいけないので、手間も時間もかかります。

業者に頼めばお金もかかるので大変そうだと感じると思います。

ですが、エアコンをクリーニングしないと大変なことになります。

掃除をしない場合以下のことが起こる可能性があります。

①危険な菌が増える可能性

掃除していないエアコンの通気口付近にはアスペルギルス・フミガータスという真菌が増えて、エアコンを通して排出されることにより、咳や微熱の風邪に似た症状がでます。

菌が他の内臓に感染すると、なんと致死率は50%以上と言うとても恐ろしい菌なのです。

掃除をしないとこれ以外にも肺炎の原因となるウィルスなどが増えます。

②ハウスダストによるアレルギー反応がでる可能性

掃除をしていないエアコンを使用すると内部のホコリが部屋中に広がってしまい、アレルギー反応がでる可能性が高いです。

また、今アレルギーでなかったとしても、ハウスダストアレルギーは後々できてく可能性があります。

③汚れやホコリによってエアコンの電気代が高くなる可能性

エアコンの中がホコリ等の原因で汚れてしまっている場合には、エアコンの消費電力が多くなります。

消費電力が多くなれば電気代も上がります。

原因は、ホコリがエアコンのフィルターを塞いでしまうことによってエアコンの空気の入れ替え効率が落ちてしまうからです。

また、フィルターにホコリや汚れが溜まってしまうと稼働する際、騒音がでる可能性もあります。

②エアコンの故障や寿命が短くなる可能性

エアコンは電気製品なので、内部やフィルターにホコリや汚れが付くと動きは遅くなり、電気代がかかる上、そのまま使用すると故障の原因になります。

また、故障はしなくても汚れによって、寿命が短くなってしまいます。

エアコンの寿命は大体10年です。

掃除しないことが原因で故障や寿命が縮まれば、エアコンの修理や買い換えも早まり家計にも大打撃です。

これらが起きる可能性があると思うと恐ろしいと思いませんか?

特に、菌に関しては健康を害することです。

エアコンをクリーニングが大変で手間や費用はかかりますが、起こりえるデメリットを考えるとクリーニングをして方がいいと言えます。

まとめ

●フィルターは1ヶ月に2回自分で掃除しよう。内部は汚れをこまめにチェックし、必要性を感じたら業者に頼もう。
●エアコンのクリーニングにはタイミングがあるのでそれを見極めて下さい。
●エアコンでクリーニングしないと健康・電気代・故障になり損である。

買い換えや修理になって急な出費がでる前に、電気代や健康も守るようにクリーニングするのがとお得だと言えます。

家のエアコンをしっかり確認して、クリーニングのベストタイミングを見極めてくださいね。

合わせて読みたい関連記事

エアコンクリーニングは意味ないの?しないとどうなる?カビが生える?


スポンサーリンク

-家事
-,

Copyright© あれこれナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.