日常生活のお役立ち情報を日々更新中です。

あれこれナビ

おでかけ

GWの北海道旅行の服装や本州との気温差は?5月でも雪があるって本当?

投稿日:

今年のGWは、10連休!

仕事の調整がキツい!連休明けに会社行くのが怖い!って思っちゃいますよね。
だけどせっかくなので思い切って楽しんじゃおうと、少し遠出して春の北海道を満喫したい♪なんて計画されてる方も多いのではないでしょうか?

計画はしたものの、この時期の北海道ってどんな服装が良いのか何を準備すればいいのか本州にいると未知の世界ですよね。

春とはいえ北海道だもの寒いんじゃないかしら?GW雪が降るって本当?雪ならスキーウエアやスパイク付きの靴が必要?北海道って広いから、地域によって天気も気温も違うよね?などなど、この時期の北海道旅行はイメージと都市伝説的な噂だらけで、何を信じたらいいのか気になることばかりですよね。

そこで5月の北海道を、生まれも育ちも札幌、本州にて10年過ごし3年前に北海道十勝に移住した内地と北海道の春夏秋冬と知るスペシャリスト(笑)な私がご紹介しましょう!

スポンサーリンク
  

GWの北海道旅行の服装のおすすめは??

旅行の準備をしていて一番悩むのが服装ですよね。

このGW時期の北海道は、日中と朝晩の寒暖差が激しく、正直道民でも服装に悩みます。

北海道内の主要都市の日中は長袖Tシャツにパーカーやカーディガンくらいでも快適に過ごせますが、日が落ちると少し厚手のジャンバーが必要です。

慣れてる道産子でもゴールデンウイークあたりの気温は肌寒いので、持ち運びに便利なストールがあるといいかも知れないですね。

札幌や函館なら、慣れてる道産子だとそこまで防寒着じゃなくても大丈夫ですが、道東や道北、オホーツク地方は、手袋やマフラーが必要です。

そんなに昼夜の寒暖差が激しいのに、実は北海道はGWが桜の見頃で、各地でお花見が楽しめるのです!

北海道名物のジンギスカンを楽しみながらお花見ができるのも、北海道の醍醐味。

桜の時期って東京だと、3月中旬から下旬が見頃ですよね?

その年によっては、下手したら3月末には葉桜ですよね。

東京での3月下旬くらいの服装が北海道の日中だと考えていただけると分かりやすいですね。

ただ、朝晩の冷え込みは、東京の2月より寒いのでご注意を!

比べるために色々調べましたが、北海道の春の最低気温相応の月がありませんでした 笑

そこまで気温差があるって、日本は広いですね!

北海道のGWの気温は何度くらい?関東との気温差は?

では、具体的にGWの気温は何度くらいなんだろう?なんて気になりますよね。

ゴールデンウイークの平均最高気温は、札幌、函館、旭川はほぼ同じで、17℃前後です。

ただ、ゴールデンウイークの平均最低気温は、札幌、函館が8℃前後なのに比べ、旭川は5.4℃とかなり低め。

ちなみに、私の住む十勝地方は旭川とほぼ同じです。

ただ、十勝は南北に広く、南十勝は日高地方よりなので、積雪も気温も全く違うので十勝の唯一の市、帯広市の平均気温で比較しました。

なので、同じ十勝でも陸別町は日本一寒い町ですし、十勝最南端の広尾町の天気予報は日高地方よりで雪も少ないですし、温かいですね。

東京は5月の平均最高気温が、22.9℃なので北海道の主要都市との気温差は6℃くらいですね。

ゴールデンウイークの東京の平均最低気温が14℃なので、北海道の主要都市との平均最高気温の17℃はこちらの方が近いですよね。(笑)

というわけで、東京の平均最低気温程度が、北海道のゴールデンウィークあたりの気温ということでお考え下さい。

スポンサーリンク

北海道は5月でも雪が残っているって本当?

5月に雪が残ってるって本当?よく聞かれる質問なんですが、実は、本当です。(笑)

ゴールデンウイークの時期である5月でも、北海道には雪が残っています

【ゴールデンウイークの北海道雪の様子】

ただ、北海道の主要都市である札幌や函館の街中に雪が積もっているなんてことはありません

北海道の峠や山間部、日陰になってるところは、雪や氷が残っている程度なので、北海道の観光地を町歩きをする分にはスパイク付きの靴の用意は必要ありません。

ただ極稀に、4月下旬に雪が降ることがあります。

せっかく咲いた桜に雪が積もった!なんて年もありましたが、桜にとってはかわいそうなことですが、それはそれで美しかったですよ。

たまたま旅行で来た年にそんなハプニングも思い出になるかもしれないですね♪

また、雪を楽しみたい方!

その年によりますが、オープンしているスキー場があるかもしれないので、そちらもチェックしてみて下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やっぱりGWの北海道は寒そうだから予定変更!なんて思った方もいるのかしら?

ここまで寒い寒いって脅されたら、ちょっと萎えちゃいますよね。

だけど、新しい時代を満開の桜の下で迎えることができるのは、北海道だけではないでしょうか?

そして、札幌の街中は地下街でつながっているので、寒空の下を歩くこともあまりありません。

観光地には、温泉もありますしね。

寒いからこそ、暖か対策は主要な都市では万全です!

秘境廻りには、寒さは付き物なのでそれなりの準備は必要です。

あと注意点ですが、道民は慣れているので、本州の人から見るとかなり薄着です。

惑わされて風邪をひいてしまっては、せっかくの旅行も台無しなので、くれぐれも寒さ対策は万全でお越しくださいね。

道民の温かいおもてなしに癒されてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

母の日に花を喜ばない!?プレゼントで花以外の実用的なものは?



スポンサーリンク

-おでかけ
-,

Copyright© あれこれナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.