日常生活のお役立ち情報を日々更新中です。

あれこれナビ

おでかけ

台風による欠航お金の対応はどうなる?飛行機利用に保障はあるの?

更新日:

最近では、家族で海外旅行など国内でも飛行機を使用して家族旅行する人が増えましたね。

ですが、季候が良い春から秋にかけての時期は、実は台風が発生しやすい時期でもあります。

そこで、前々から準備していた旅行と台風が重なってしまったらどうなるでしょうか?

無事に飛行機が飛ぶのか、それとも飛行機が欠航した場合はどうなるのか心配になりますよね。

そこで、飛行機を使って旅行を計画している際に、台風の影響で欠航や手続きについて、紹介していきます。

スポンサーリンク

台風による欠航はお金はどうなる?

せっかく計画した旅行が台風による欠航の場合、お金は戻ってくるのか心配になりますよね。

実は、台風や吹雪、不可抗力な悪天候での欠便のお金は戻ってきます

その台風による欠航のお金が戻ってくることを「払い戻し」と言います。

ただ、払い戻しを希望する場合は、航空会社が勝手にやってくれる訳ではないので、自分手続きをしなくてはいけません

そこでの注意点は、予約出発予定日より10日以内に手続きをすませる必要があります。

払い戻しは購入した航空会社のコールセンター、あるいはWebサイトから行うことができます。

欠航がわかった頃からコールセンターWebサイトが混み合う場合があるので、時間があるなら10日以内でしたら可能なので後日してもよいでしょう。

では、台風や悪天候などの欠航の基準はどうやって決めているか紹介します。

実は、飛行機が飛べるか飛べないかの基準は判断しにくいもので、尚且つ複雑なものです。

なので、機長を中心にミーティングして「離陸できる」と判断されれば、飛行機は飛びますし、「離着陸が出来ない」と判断すれば、飛行機は飛びません。

機長の判断で飛行機が飛ぶか飛ばないか決まるのですが、出発直前に決まる場合もあります。

台風は予測進路がわかりやすいので、機長の判断する前に航空会社が欠航を決めてしますこともあり、逆に空港に台風が近づいてきても離陸可能、すなわち飛行機が飛ぶこともあります。

なので、いちがいに台風が来た=飛行機が飛ばないとは言いきれません。

台風による欠航の対応は?

台風で欠航になることがわかったら、どのような手続きをする必要があるのでしょうか?

先ほど紹介した、飛行機については「払い戻し」手続きが必要ですが、その他の手続きを紹介します。

もし、旅行に行く前の飛行機が欠航になった場合で、ツアー会社が企画しているツアー旅行プランのものに参加予定のときは、ツアー自体が中止になる場合がほとんどです。

そのため、旅行は楽しみにしていてとても残念だとは思いますが、お金の面でいえば色々なお金のキャンセル料は必要ないと言えます。

ツアー自体の払い戻しがあるかは各旅行会社に確認しましょう。

ただ、台風などの悪天候で自分達の安全を考えてキャンセルする場合は、キャンセル料やツアー会社への手続きが必要になってきますのでご注意ください。

状況によっては、旅行会社によって対応が違うケースがあるので、台風などの悪天候が気になる場合は早い段階でツアーの旅行会社に確認の電話をして方が良いでしょう。

心配なら、事前にツアーの中止はいつ判断して、いつ連絡が来るかを聞いておきましょう。

後、自ら安全の為にキャンセルした場合は、キャンセル代はかかるのかどうかなどを確認しておきたいですね。

もし、自分で航空券を手配している場合ですが、他の便に振り替え手続きをするか、旅行計画自体を考え直すか諦めるしかないかといえます。

その他の交通手段を考えるか、他の便に空席があれば変更できるか検討するしかありませんが、それでも対応できない場合は、ホテルや夕食の予約をしているなら理由を話してキャンセルなどの手続きをした方がよいでしょう。

スポンサーリンク

飛行機には台風が欠航したときの補償があるの?

台風による欠航で他の便への振り替える場合の、手数料がかかるのか心配になりますよね。

台風による飛行機の欠航は、他の便への振り替えは手数料を払うことなく行えます

ただ、手続きは航空会社がしてくれるわけではないので、自分でする必要があります。

払い戻しと一緒で、申し込んだ航空会社のコールセンターやWebサイトで行えます。

そして、予定で搭乗予定の便以外の便に空席がないとできませんのでご注意ください。

また、台風が近づいていたり悪天候が予想されている場合は、航空会社が影響を受けやすい便を「天候調査中」に指定します。

もし、搭乗予定便がその対象便になっていれば事前の振り替えや払い戻しに対応してくれるので、台風が近づくとわかったら一度調べてみると良いでしょう。

ちなみに、帰りの飛行機が台風により欠航になった場合は宿泊費やその宿泊施設に行くまでの交通費はすべて自己負担になります。

その場合は、心配ならクレジットカードについている航空機遅延保障付きの保険に加入すると安心です。

一応、保険の特約は飛行機の遅延で生じた宿泊費や食事代の負担になりますので、チケット代は負担されませんのでご注意ください。

まとめ

楽しみにしていた旅行が台風でいけなくなるのはとても残念ですね。

ですが、台風で飛行機が飛ばないことは多々あることなので、ツアーに参加予定なのか、自分で航空券を手配したかによって対応は変わってきます。

台風は進路予想がでていますので、事前にWebサイトで調べたり、電話して確認したりと、旅行計画を家族と相談しておくと安心ですね。

スポンサーリンク

-おでかけ
-,

Copyright© あれこれナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.