日常生活のお役立ち情報を日々更新中です。

あれこれナビ

年中行事

結婚式後に年賀状を出さないはダメ?写真は必要?文例のおすすめは?

投稿日:

一生に一度の結婚式を終えひと段落ついた頃に、ふと結婚報告を兼ねて年賀状を出すかどうか迷うことってありますよね。

最近の風潮として、メールやLINEなどで年始の挨拶を済ませることも多くなりました。

年賀はがきがどれだけ必要だとか、面倒な宛名書きをしなくてもメールであれば簡単に挨拶を済ませられるのでとても便利です。

ですが、結婚して家庭を持ったことだし、今一度年賀状を出すかどうか悩む・・・。

という方に、今日はお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

結婚式後に年賀状を出さないのは非常識なの?

結婚式後には、通常年賀状を出すものなので、年賀状を出さないということは非常識に当たります。

これは、結婚しましたという報告を兼ねたものになりますから、結婚式に招待した人にはお礼の意味も込めて出したほうが良いです。

他にも年賀状を出した方がいい理由を3つあげます。

まず1つ目は、女性であれば姓が変わって初めて出す年賀状となりますから、苗字が変わりましたよという報告の意味があります。

家庭を持って初めて2人の名前で出す年賀状ですから、自分たちにとっても特別なものとなるでしょう。

2つ目は、年賀状を出すことによって、新しい住所を知らせることができます。

結婚を機に引越しをするという人が大半です。

転勤のあるような方と結婚したのなら、古い友人からすると今どこに住んでいるのか気になるところです。

そういった相手にも近況報告を兼ねた年賀状を出すことで繋がりを保てる利点があります。

3つ目は、改めて結婚式のお礼を年賀状でできることです。

自分たちの結婚式のために、遠方から来てくれた友人や、忙しいなか時間を作ってくれた上司などに改めて結婚の報告と来てくれたお礼を伝えられるチャンスです。

そういった方たちには、なおさらメールだけの年始のあいさつはちょっぴり失礼な気もしてきますね。

また、ご祝儀をくれた親族にも年賀状を送ればいま一度お礼を伝えられることになります。

結婚式に参加してくれた親族は、昔はよく会っていたけど今は遠くなってしまったという人も多いでしょう。

そういった方からも、結婚すれば親族なので普通はご祝儀をいただくことになります。

内祝いだけでなく、年賀状で改めて結婚の報告とお礼を書き添えれば、これからも末永い関係を続けることができます。

こうして年賀状を出した方がいい点をあげると、メリットがかなりあることが分かりました。

普段はメールで済ませていてもこれを機に年賀状を出す習慣をつけるのもいいですね。

結婚式後に送る年賀状は写真は必要なの?

結婚式後に送る年賀状にはぜひ写真を使いましょう

結婚とはやはり幸せなものですから、年賀状を受け取った人にも幸せのおすそ分けをしたいものです。

結婚式の写真や前撮りで着た和装などがあれば、ぜひ使いましょう。

結婚式後に新婚旅行に行ったという方は、その時の写真を使えばより結婚後も幸せに暮らしていますよという報告も兼ねた年賀状になります。

また、中には結婚式や披露宴は年明けに行うので、かしこまった二人の写真がないという人もいるかもしれませんが、そういった人は旅行に行ったときに撮ったツーショット写真を使うのも良いでしょう。

ここで初めて結婚した相手の顔を見せることになるという相手もいるかもしれません。

できるだけ自然で笑顔あふれる1枚を選ぶと良いです。

スポンサーリンク

結婚式後の年賀状の文例は?

いつもの年賀状とは違うので、結婚式後の年賀状にどんなことを書いたらいいのか迷いますよね。

ここで文例をあげます。

まず、結婚報告の年賀状には必ず夫婦2人の名前を書きましょう

すでに苗字が変わったという人は、だれからの年賀状なのか分からなくなる恐れもありますから、旧姓も忘れずに記載しましょう。

「あけましておめでとうございます

結婚式の際にはご出席いただきありがとうございました

結婚して初めてのお正月を迎えました

今年もよろしくお願いいたします」

このような文例が一般的です。

結婚の報告と年始の挨拶をシンプルに伝えられる文章です。

フランクな間柄であれば、ここからさらに引越し先がどんな場所かなどの近況報告を書き添えると相手も嬉しいと思います。

もし子供が生まれる予定ができたなら、それも書き添えると年の始めから嬉しい報告が聴けて相手も喜んでくれることでしょう。

人生に一度しかない結婚報告と年始のあいさつを兼ね備えた年賀状ですから、通年よりもすこしこだわったものにすると、自分の思い出にもなりますよ。

まとめ

年賀状という独特な文化は、メールやLINEの普及によりここ近年では薄れつつあるのが事実です。

小学生のころには楽しんで書いていた年賀状も、大人になればマナーや書き方などが気になって少し億劫になってしまうのが正直なところ。

ですが、結婚の報告とは人生に一度きりのものです。

これを機に年賀状を出すことによって、思ってもみなかった縁と繋がるかもしれません。

ぜひお気に入りの一枚で年賀状を作りましょう。

スポンサーリンク

-年中行事
-,

Copyright© あれこれナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.